2022/5/28:笠原弘子さん オハナシカ。29:発表会バックバンド【ライブ記録】

活動記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022/5/28 笠原弘子 オハナシカ。小さな音楽会

先日に引き続き笠原弘子さんのイベントで伴奏させていただきました。
ヒロコさんと2人での演奏もだいぶ板に付いてきたというか、音楽的な調和がより強くなってきました。(と僕は思っていますw)


というか、やっぱりヒロコさんの歌からは、そのキャリアから滲み出る音の深みというかなんというか、、言葉では表せれない大きなものを感じるのです。(ご本人が意識されているかどうかは不明ですが…)それは、僕がいくら頑張って練習しても追いつけないものです。どっかのベテランミュージシャンみたいにそれを押し付けられる事なんて絶対にありません。僕にとって本当に毎回が貴重な体験・機会を頂いている気持ちです。


音合わせをする以外にも、色々とお話をさせていく中で(イベント中もかなりステージ上でおしゃべりさせて頂きましたが…w)それぞれの音楽に向き合う意識や目標、信念が共有されているのも大きな要因かと思います。


2021年にご提供させていただいた「Chili Chili Love」「Morning Glory」の2曲も、ライブを重ねるたびにどんどん進化・変化して行っています。もはやオリジナルバージョンは別曲とも思えますw


特にChili Chiliに関しては、元はK-popライクなダンス楽曲を目指して制作してのですが、今は夏のボサノバソングみたいに進化しました。笑
どちらのバージョンもとてもお気に入りなので、ぜひ聴き頂きたい楽曲です。


そして、そのオリジナルバージョンの収録されたアルバム「New Kissako」のCDバージョンもついに発売されました。まだお聴き頂けていない方は、CD版から聴いて比べてみてください^ ^

スポンサーリンク

2022/5/29 教室の発表会バンド

月に2回レッスンに行かせて頂いている教室の発表会で伴奏バンドでギターとベースをしていました。
今回は僕の生徒は出ませんでしたが、長く顔馴染みの方も多く、皆さん一生懸命演奏される姿にいつも心打たれます。


ただ、音響の人たちがトロい上に、待てないのでサウンドチェックをしていたら「音出さないでもれいます?(イライラ)」と大声で怒鳴られました。笑


てかステージから音響まで遠いのに肉声で会話してるのってなに?インカム使えよw


僕は33歳にもなって生徒の前で先生が怒鳴られるという大恥をかきました。笑
その時は特になんとも思っていませんでしたが、帰宅してからめっちゃイライラしてきたのでここに書きますw


以前、別の音響会社でも、自分のDIを勝手に貸し出しのDIに替えられ、そのDIが壊れていたせいで、本番中に音切れのトラブルに巻きこまれてしまいました。


このような意識の低い音響会社や団体と関わったら、我々の尊厳すら犯されかねません。

異論はあると思いますが、ミュージシャンが気持ち良い音で演奏するために仕立てるのが音響さんの仕事じゃないの?


事情は知らないけど、もしボランティア?とかでやってるんだったら、金とっても良いからそういう威圧的なスタンスならやるな、と言えばよかった。(言わないけどw)


僕は雇って頂いてる身なので、運営をして頂いている先生やスタッフに迷惑はかけれないので、今回は周りを気にしてニコニコして何も言いませんでしたが(というか発表会自体は楽しかったので)、多分普通の現場ならキレてただろうなぁ〜w(これまでも現場で不誠実な業者にブチギレた事は何度かあります。)


ちゃんと我慢した事だけは自分も大人になったなと思いますw
このブログ見てて欲しいなぁ。笑


自分を棚にあげますが、このようなレベルの低い音響やスタッフが入る仕事は本来僕はやりません。でも生徒やお世話になっている人のためにやっているという面もあるので、こういう目にあうと、今後”自分の知識や技術を提供できたら”とも思えなくなります。


「偉そうだな〜」と思われるかもですが、ぶっちゃけもうキャリアも10年超えましたから「ちょっとは偉い」んです。笑


やっぱり、
身の丈を知る、という事は低い場合も、高い場合もありますね。

タイトルとURLをコピーしました