自宅レコーディング中の経過報告。

活動記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク

とあるビッグタイトルの複数楽曲へのギターレコーディングを自宅で行っています。
アコースティックもエレキもフルで活用しています。
こういう時に、エレキ、アコギ、クラシック全部弾けるようになってて良かったと思いますね。。

楽曲の内容はとても激しいものが多いので、エレキはソリッド中心のダウンチューニング、アコギもフラメンコのテクニックを動員しているので、かなり体力、筋力が消耗していますw

ハムバッカーや出力の強いギターが必要なので、PRSも動員。

本レコーディングで最も活躍しているのはThreedots Sです。
結構曲数がある中で、半数近くで使用しています。
元々汎用性のあるギターですが、FreewaySwitchを着けたり、リアPUをハムに載せ替えたり、あまり改造好きでない僕ですがこのギターだけはどんどん手を加えていっています。(とはいえメーカーでやってもらってるのでディーラーオプションみたいなもんですがw)

レコーディングのついでに試奏動画でも撮ろうかなと思いますが、RECで体力が消耗しすぎてそんな気になりません。(この日記的記事の力の抜け加減にも現れてますね。)

兎に角、本レコーディングの楽曲はまだまだ公開は先ですが、驚くべき作品ですので、また大々的に告知させていただきたいと思っています。(可能なら、ですが。)

タイトルとURLをコピーしました