Threedots FB+TECH 21 J(LUNA SEA) SansAmp BASS DRIVER DI-J【機材レビュー】

機材レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

エンドースメントさせていただいているブランド「Threedots Guitars」の「ファンクベース」ことFBと、SANS AMP J(LUNA SEA)モデルのレビューです。

動画は、サンズON、OFFサウンドの比較と、アンサンブルなし、ありでの比較です。

スポンサーリンク

Threedots FB

いわゆるMMタイプと言われるやつなんでしょうか?
ベース歴はまだ2年なんであまり知識がなくてスミマセンw(エンドースって言ってもギターの方なんで…)先輩が「スティングレイええよなー!!」って言ってたやつのそれだと思います。
ただ、このベースピックガードなしの1PU使用でとても男前です。

僕みたいな本業はベーシストじゃない人にとったら、アクティブベースのコントロール類ってややこしくてまどろっこしいので、シンプルにVolとToneだけだとすごく助かるのです。

購入の経緯

上記の通り、Threedotsの楽器はSタイプとLPタイプを使用させてもらっているのですが、そのメンテの際にFBが発売したよ!との旨を聞いて、ちょうどスラップやファンク、またリードでも使える腰の高めのベースを探していたので、試奏してそのまま購入しました。ローズネック使用のものもありましたが、他の所持ベースとの差をつけるためメイプル指板のパリっとした仕様にしました。

出音について

メイプル指板なので、やはりパリっとしていて、ボディが軽い分腰が高いです。オケ抜けがとても良いので、結局ベースラインを立てたいファンクやディスコ系の楽曲で使用しています。

自分の楽曲でも既に多く使用していますが、全編使った楽曲はまだリリースされていないので、また良い感じに参考になる曲が出たらご紹介します。

仕様について

メイプル指板、メイプルネック、アルダーボディ。パッシブの出力の高いマイクがついています。詳細は公式へw

FB | Okada-International
ThreeDots Guitars - FB定価:¥220,000(税込) プレイヤーが伝えたい音を自在に表現する
スポンサーリンク

SansAmp BASS DRIVER DI-J

購入の経緯

ベースのエフェクターといえばまずサンズでしょ!
とどっかの誰かが言ってた気がしたんですが、よくギタリストも「TSの音」とか「マーシャルの音」とか言うじゃないですか。

そう言うのでベーシストも「サンズの音」っていうある種絶対に知っておかないといけない定番の音が欲しくて、代理店のキクタニミュージックさんに相談したところ「最近ルナシーのJさんモデルを出したのでそれにしましょう!」と提案いただいて、デザインも通常の品(Bass Driver DI V2)と比べてまぁこっちの方が好きなのでじゃあお言葉に甘えて、、という感じで購入しました。

申し訳ないんですがルナシーは子供の頃聞いたことあるくらいであまり知りません。。。

あと、個人的にギターもベースも、アンプに入れる前にバッファーやブースターなどである程度音を整えておきたいと考える人種なので、手元でさっと音色をいじれるという意味でも、まずはサンズかなぁ、という理由もあります。

今まではHX Stompをベースのプリアンプ代わりにしていたのですが、やはり素音で痩せるので、サンズにしてアナログ感が一気に増しました。

出音について

中身については、通常のサンズ(Bass Driver DI V2)と同じという事で安心しているのですが、「あぁ!!これがサンズね!」という、音が前に出てくるというか、面で出る感じがしました。

本体で結構歪ませる事もできるのですが、僕はプリアンプとして基準の音にしたいので、今のところはそういう使い方をしています。(設定は冒頭の動画を見てみてください)
使用アンプ自体がDarkglassなので、歪ませる時はそっちを使うかもしれません。

使用方法

HX Stompでコンプなど細かいエフェクトやマスターVOLを管理しつつ、エフェクトループに本機を入れています。その後アンプへ、という具合です。設定は固定で、常時ONにしています。ちょい歪みかギリギリくらいの設定で、VOLノブで歪み具合を調整しています。

スポンサーリンク

最後に

動画を一気に撮ったので2機種同時のレビューになりましたが、すごく良い組み合わせなので、これからベースを導入しようとしている他楽器プレイヤーの方にも参考にしていただけたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました