Apink CHOBOM Fanmeeting “Framily”参加しました【日記】

スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク

時折仕事関係者から「海津さんApinkの仕事されてるんですか〜?」って聞かれるんですが、一切してません。
ただのApinkのオタクなだけです。

実際お友達の作詞家さんはApinkの曲を数曲書いてますし、僕自身の仕事もアイドルの作曲やサポート、ないしはKpopの仕事も時々するので混同されたのなら申し訳ないです。

SNSでは仕事関係のお知らせしかしていないので、その中に紛れて趣味のツイートや投稿をしてしまっているので勘違いされてるのかもしれませんが、もし僕がAPinkの関係の仕事をしたら恐れ多すぎて死ぬと思います(色んな意味で)。そんな事夢でしか見たことありません。笑

それくらい、仕事とは別でただただオタクをしています。といいつつ仕事のブログで記事を上げているので公私混同ですがw

日本では3年ぶりの公演

確か最後は2019年1月の豊洲Pitだったと思います。Apinkは一時期日本での活動をしていましたが(内容は決して良いものではありませんでした。)2018年に日本の事務所の契約終了と共に日本での活動も終了しました。

古参ファンの僕からしたら「Japanese Ver.」の曲は全く好きになりませんでしたし、日本向けの楽曲もあまり好みではなかったので日活終了は全然よかったのですが、日本での公演がなくなってしまったのはとても残念でした。

しかも、その契約解除のお知らせをリーダーに直接話させるという最悪の演出で幕引きを行いました。
その時はDVDか何かの試写会だったと思うのですが、葬式みたいになってたのを鮮明に覚えており「Orion」や「Bye Bye」は今もあまり聴けません。

「また日本に必ず来ます」という言葉を実現させたのが2019の公演でしたので、ファンからしてもとても重要な機会でした。

そんな中コロナ禍に入りApinkに限らず海外アーティストの公演が一切なくなり、僕自身もコンサートに行くのが趣味だったのに全く行かなくなってしまいました。

出不精になった僕は中々治らず、自分のライブは仕事なのでしぶしぶやって居ましたが、他人のライブを見にいくなんて言語道断という考えでしたが、今回推し2人のユニットで来日という事で、重い腰を上げて2公演参戦したという経緯です。

やっぱり生の音楽はいいね(生演奏じゃないけど)

内容はファンミーティングだったので、8割はだらだらシュールな会話やゲームでしたが、あぁなんだか懐かしい気持ちというか、やっぱりApinkは僕のビタミンだなと(きも)再認識しました。

ユニット楽曲はもちろん、Mr.chuなどの古い曲も歌ってくれたのでもう感激でした。

僕は2020年に韓国にApinkのコンサートに行ったのですが、韓国ではしっかり生バンドが入って、演出も凝りに凝られていて(バンドの服装だけなんとかして欲しい)「これがコリアンエンタメだ!!」と言わんばかりの最高のステージなのですが、日本でのApinkしか見た事ない人は、ぜひ頑張って一回本当の彼女らを見て欲しいなと思います。というか日本もバンドで公演してほしいな。

てか俺バンマスしますけど。。。タダで。。。てか200万までなら賄賂払います。笑(少ない?w)

行った方がいいんだろうけどmeet特典には興味ありません。

今回もあったのですが〇〇をいくら分買ったら本人と写真がとれる抽選券!笑
みたいなのもあったのですが、恥ずかしいのであまりご本人に会いたいとかそういうのは思いません。

元々No No NoとHushのMVと曲で好きになったので、やっぱりステージでの歌唱、演奏をもっとみたいです!!

オタクとしてはもっと献金するべきなんですが、、今回はCD2枚と昼夜2公演参加だけで失礼いたしますm(_ _)m

最後に

デビュー11年目になる大御所アイドルとなったApinkですが、やっぱりリーダーのチョロン(Chobomのリーダーはボミらしいですが)の人間性が素晴らしく、(今回はユニットなので他3名は居ませんでしたが)メンバーそれぞれのグループへの愛がひしひしと伝わり、素晴らしいグループだなと感じた良いファンミーティングでした。

タイトルとURLをコピーしました