【お悩み相談】大阪(や地方)でもプロミュージシャンとしてやっていけますか?「そもそもプロになる必要性ある?」

プロミュージシャンになるには
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【お悩み相談】プロミュージシャンを目指すなら上京した方がいいですか?答えは「Yes」

の記事でも触れていますが


元々僕は大阪でギタリストとして生計を立てていました。


ただ、どうしてもやりたいジャンルや仕事が東京にあったので拠点を移しましたが、大阪や地方でも音楽活動をやっていける条件や特徴と、仕事になるのか、自分なりの考えをまとめました。


大阪といえばたこ焼きですよね。僕もたまに食べたくなるのでたこ焼き器は常備しています。


アイリスオーヤマ たこ焼き器 着脱式 2WAY (たこ焼きプレート 24穴 平面プレート) レッド PHP-24W-R
スポンサーリンク

1.そもそも音楽を仕事にする必要があるのか?

冒頭の別記事でも述べていますが、そもそも音楽を仕事にする必要性を考えてください。
ちなみに僕は

  • 音楽以外の仕事をしていると思い切り「使えない子」になってしまうから
  • 好きな事以外に興味がないので、自分のためにならない仕事ができないから
  • 好きじゃない人とは会話すらしたくない(営業できない)から
  • 音楽の「練習」(仕事の準備)を練習と思っていない(時間を忘れて打ち込んでしまう)から
  • 音楽レベルが比較的「常人離れ」してるため、たまたま収入を得られているから

という理由で、音楽が「仕事になってしまった」タイプかもしれません。

なんか偉そうな人
なんか偉そうな人

お前ナメてるな〜

って言われそうですが、結構ナメてます。笑
やりたいようにやってるだけで仕事になってるわけですから幸せですよね。。


僕のギターや作品が多くのアーティストさんやコンテンツに必要としていただいていて、やりがいのある仕事です。


かつて、飲食店のバイト先ではつまみ食いばかりして(それで太った)、CD屋ではしょっちゅうレジ誤差を出して本当に使えない子でしたから…。


もし音楽以外でも稼ぐことが出来て、得意な事がある人は、ちょっと考え直してみてください。音学との付き合い方は「仕事」や「プロであること」だけではないと思います。

スポンサーリンク

2.マニアックな音楽がやりたい

主観ですが、東京より大阪の方がマニアックな…トラッドな…?古い?音楽をやったり、好んだりしてるミュージシャンが多い印象です。例えばジャズでも、紀元前…50年代や60年代の曲を若い人がやってたり、楽器に関してもギターはソリッドよりフルアコ派が目立つ…とか。(わりと偏見)


彼らは自分がマニアックな事をしていると思っていないと思いますが、いざ離れて客観的に見ると、すっごいマニアックだったな〜と思います。笑


マニアックなこと(=応用)をするためには基本がしっかり出来ていないといけませんから、関西のプレイヤーさんは、ほんとうに上手い方が多いと思います。


僕はどちらかと言うとミーハーな音楽が好きなので、今の環境がとても合っています。


もしあなたが「あんまり音楽チャートに入ったり、テレビで取り上げられていない」ような音楽をしている場合は、東京じゃなくても良いのかもしれません。


なぜなら、東京でもそのジャンルの音楽のマーケットは無いので、どのみち自身で発展させる必要があります。もはや、後述しますが今だったらネット上や、遠い海外の方が可能性があるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

3.どんなジャンルでもできる必要がある

上の項目と相反しますが。笑
東京ではロック、ジャズ、アニメetc…それぞれにマーケットが成り立っているイメージですが、関西の場合は、どのジャンルも同じミュージシャンがやっている印象です。(主観です)


バックバンドのミュージシャンのクレジットを見ると、あぁ〜またこの人だ。みたいな。
なので、何でも弾ける人が仕事をやっていけてるようです。


僕が上京した時一番驚いたのが

なんか偉そうな人
なんか偉そうな人

なんで海津君って何でも弾けるの?

と言われた事でした。嬉しい反面、どれも中途半端なのかなぁと少しショックでしたが。
今となってはこれが自分の武器になっています。^ ^

スポンサーリンク

4.ギターや楽器レッスンの講師がしたい

「ギターやピアノなどの楽器を習いたい人」はどの地域にも大勢いますので、ギターの先生として生計を立てていきたいんだ!と言う方は地方でもいいんじゃ無いでしょうか。

スポンサーリンク

5.ネット上で活動したい

最近は、Vtuberさんをはじめネット上で活動しているアーティストさんと仕事をする事がすごく多くなってきました。
この場合、わざわざ家賃や物価の高い東京に出る意味は少ないかもですね。


実は僕も最近は自宅スタジオでのテレワークがほとんどなので、東京にすぐいける範囲でもう少し離れた所に引っ越してもいいのかな〜とか思ってます。

結論:自分が最も芸術表現ができる場所でやろう

僕は「なんとしてでも、どんな内容でもいいから音楽の仕事が良い」と考えて居ましたが、
ある友達は「自分のやりたい音楽しかやりたくないから、それ以外はバイト(や音楽以外の仕事)で収入を得ている方が良い」と言っていました。


私は、プロになりたいんです」とレッスンに来てくれる生徒ほどすぐに挫折します。
長く、ギターを楽しみたいんです」と言う人は、気がつけば上手くなっていたり、アーティストになる方もいたりします。


本人にとって「心が健康な状態」で音楽ができている事がベストなんじゃないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました