7月はレコーディングスタジオでのディレクションが続いています。

活動記録
港区Freekick Studio
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先月、今月とレコーディングスタジオに赴く事が多いです。
主に制作楽曲のボーカルレコーディングのディレクションや、それの付き添いなど。

ディレクション作業は、自分自身が録るわけではないですが、的確な指示や判断を求められる重要な役割です。

個人的にはアーティストさん、歌手の方が自分のディレクションによりどんどん良い声が出て良いテイクが録れて行く瞬間は快感に近いものがあります。

この仕事、好きです。(自分は言うだけだからw)

とはいえ、人と人とのやりとりなので、無駄に言いすぎたり、無理強いしたりはしません。
「どうするのがその場でのベストか」を考えて、歌唱者さんが最も良いコンディション、精神状態に持っていけるか、も常に考えています。(まだまだ修行が必要ですが。。)

兎に角、制作段階では何一つ情報が出せないのがもどかしいですね。当たり前だけど。
また、楽曲が公開されたら記事にてお知らせ致します。

赤坂ODEN STUDIO 戦友の作詞家Soflan Daichi先生と。
タイトルとURLをコピーしました