2022/5/15笠原弘子アコースティックライブ 「私のメロディー」【ライブ記録】【機材紹介】

機材レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年5月15日(日)
会場:吉祥寺プラネットK


笠原弘子さんのバンドで活動させていただくようになって、最初からずっとお世話になっていたライブハウス「プラネットK」が閉店になるとのことで、弘子さんとのプラKでのライブは最終回となりました。


たくさんの思い出が詰まった場所です。

笠原弘子さん with アコースティックバンド

ここ2年くらいは、このチームではアコースティックセットでのライブがメインですが、その主なセッティングを公開・解説します。

スポンサーリンク

アコースティックセット

全容はこんな感じです。

左側に譜面とシェイカー、足元はエフェクター類と足タンバリン、DIのシンプルなセットです。

スポンサーリンク

ギター:Kevin Kopp K-42

2021年からメインで使っているKopp K-42
マホガニーネック・ボディにマダガスカルローズ指板


こいつは、とんでもない鳴りをするギターです。
J-45系のギターは、どちらかというと野生的な音でガシガシストロークするのが合っており、指弾きでは鳴らない個体が多いのですが、、さすがKoppといいますか、アルペジオでもしっかり芯を残したJ-45らしい音で、かつ繊細な指弾きが奏でられるので、弘子さんの優しい声との相性も抜群です。

2022/6/15
レビュー記事を書きました。

ギターマイク・PU:Mi-Si ( マイサイ ) / Acoustic Trio

ギターのマイクにはマイサイを搭載しています。これなんと充電式のマイクなんです。


しかも1分ほどの充電で2ステージ以上持ちます。多分もっと大丈夫ですが念の為日程ごとに充電はしてますがw


アコギのマイクは9V電池駆動が多く、よく予備を忘れるんですよねこれが。大事なライブに限って電池ぎれを起こし、しかも近場でこの四角い電池が買えなかったりするので、マイサイはそのような事がないので、ほんと便利な上安心です。


しかも、音もむちゃくちゃいいです。
以前は別のマイクを使っていましたが、この利便性を置いて、音優先で考えてもマイサイを搭載したいです。


[サウンドハウスの在庫をみる]

スポンサーリンク

足元:エフェクター、DI、パーカッション

信号の流れは


【ギターOut→HX Stomp[S/R:BBJ OD]→AER Dual Mix 2】→PA


になっています。AERの横にはギターマイクMi Siの充電器と、ピックをすぐに取れるようにしています。


写真下部にあるのは、足に着けるタンバリンです。ほぼ全曲で使用しました。
ギター弾きながら演奏するのは大変です。

HX Stomp

自宅ではベースのプリアンプとして使っており、レッスンやギグの時はギターのサブボードとしても使用しています。


今回のライブはエフェクトも多少使うので、チューナー&エフェクト、プリアンプ、ミュートペダルとして使用しました。


センドリターンにはBlack berry jamのOver Driveを挿しています。エレキ用のエフェクトですが、アコギでもゲインを下げ目で使うといい感じにサスティーンと音の太さが得られます。

[サウンドハウスの在庫をみる]

Line6 HX Stomp

AER Dual mix 2

2チャンネルのプリアンプ・EQ・DIですが、今回は1チャンネルのみ使用で、付属しているエフェクトでリバーブをかけていました。EQもすぐに触れるので、曲間でさっと設定できるので、大変便利です。


AERのアンプの特徴はプリプリした感じですが、それを踏襲しつつもハリとつやを与えてくれる良い機材です。また、DIとしてそのままPAに信号を送れます。

[サウンドハウスの在庫をみる]

足タンバリン

バンド編成がGt×2、Baで、僕はどちらかというとリードギターの役割なので、無理に弾きすぎない方が良い場面も多いので、そういう時のためにちょっとずつパーカッションを入れるようになりました。


足に着けるタンバリンだと、ギターを弾きながらでも演奏できるので、今回のライブでも、ギターソロを弾きながらタンバリンを刻むという職人技を披露させていただきました。笑


[サウンドハウスの在庫をみる]

スポンサーリンク

手元:iPad、シェイカー

もう基本的に譜面はiPadで見てます。アプリはPia Scoreです。
書き込みも簡単で、普段はテキストをインポートして勉強用にも使ってます。

たまごシェイカー

プレイテックの物。2個セットだったので1個は弘子さんにあげました。
今回のライブでも使用してくださってました。意外といい音なんですよこれ。


[サウンドハウスの在庫をみる]

スポンサーリンク

今後のヒロコバンドにもご期待ください。

現在ヒロコさんの新曲も絶賛制作中で、なんと作曲が僕で、ヒロコさんが作詞をしてくれています。
詞曲が僕の楽曲のご提供は昨年のアルバムで2曲ありますが、共作は初めてなのでとても楽しみですし光栄です。今後ともよろしくお願いいたします。


前回のアルバムは楽曲視聴は以下より可能です。CD版も発売したそうなのでぜひチェックしてください。

『It’s So!!!!!』『Chili Chili Love』『Tama & Friends (New Kissako ver)』『Morning Glory』/ 笠原弘子

タイトルとURLをコピーしました