コラム

作曲家としての心構え

音楽以外の趣味も持った方が良い。その方が曲の幅が広がる

時々「趣味はありますか?」と聞かれるんですが、そういえば趣味と言える程の趣味ってありません。僕の仕事は音楽を作って演奏する事なので、正直仕事と趣味の境界線がありません。一日中仕事してると言ってもいいし、一日中趣味に没頭してると言っても良い...
コラム

Apple Musicのマイステーションがかなりイケてるが、かなり怖い。

僕は音楽のサブスクリプションはApple Musicを使用しています。最近は新しい音楽を聴く機会は、好きなアイドルが新譜を出した時か、もっぱら楽曲依頼の際の参考曲や、レッスンの際に生徒さんから教えてもらった新しい曲から情報を得る事がほとん...
ギタリストとしての心構え

プレイヤー目線で見やすいリードシート[箱譜]楽譜の書き方

プロでバックバンドやジャズミュージシャン等をしている我々は、市販されているような音部がビッシリ描かれた楽譜や、何ページにも渡って音符やタブ譜が書かれたバンドスコアは使用しません。以下のような楽譜を使用します。 (...
コラム

締め切りギリギリまで作業しているようじゃコンペには通らない

作曲家が仕事を得る方法の1つである楽曲コンペについては今までも何度か記事にしてきました。 楽曲コンペについては、楽曲を選ぶ側からすれば数多くの曲から選定できるのでメリットはありますが、作家側は通らなけらば不良...
BLOG

練習時間と上達度は比例するが、結果は比例しない

「音楽を頑張ってきたけど結果が出なくて諦めた」とか「自分には才能がなかった」とか音楽や夢を挫折した人がよく言っている気がするんですが、現実以上に「自分には才能があって実力がある」と口には出さないけど、そう思い込んでいる人が多いように思いま...
BLOG

2022年11月のブラックフライデーにMelodyne 4 Assistant→Melodyne 5 Studioにアップグレードした。

作曲家や編曲家の最も嫌いな仕事の一つ「ピッチ修正」どんな歌手の歌でも、録音した後に"お化粧"的な意味でピッチや歌のエディットはほぼ必ず行います。音源「作品」として仕上げるのには必要な工程です。料理の仕上げにバーナーで炙って香ばしさを出す。...
コラム

「自分だったらこうするのに」を言わない方がいい

他人の行動や仕事内容にイライラして「俺ならこうするのに」とアドバイスをしてしまう事があります。でもこれは言われる方にとってはあまり有り難くありません。 人それぞれだから 例えば、僕の場合だとプロミュージシャンを目指す人や、生徒...
コラム

「好きな曲」と「良い曲」は違う

音楽好きな方なら「好きな曲」は必ずあると思います。ただ、我々のような音楽や楽曲を作る人間であれば、「良い曲」である事と「好きな曲」を分ける必要があります。 「好きな曲」の理由は「良い曲である」事では無いかもしれない なぜその曲...
作詞家としての心構え

商業作家として音楽をするという事は、模倣品を作り続けるという事なのか

先日アメリカ人の友人と話していて、日本は協調性を大事にしすぎで右にならえの教育で個性がない、アメリカは個性が喧嘩していて、まとまりがなくてしんどい。 という話をしました。僕はアメリカの教育事情は経験した事がないので知りませんが、日本...
プロミュージシャンになるには

音のクオリティが高いのに、売れるバンドと売れないバンドがあるのはなぜか

僕は現在作曲家やギタリストとして仕事をしており、ありがたい事に、活躍されている方や、しっかりとファンがいて地盤ができているアーティストさんとしか関わることがありません。関わるアーティストさんはみなさんほんとにかっこいいし、尊敬する方ばかり...
タイトルとURLをコピーしました